看護師派遣の方が稼げる?給料・ボーナスを正社員と徹底比較

このページには広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品/サービスを購入・登録することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

派遣看護師で気になるのが給与です。

「正社員よりも派遣のほうが稼げる」といった話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな派遣看護師の給与事情を解説します。

この記事は正社員と派遣看護師の給与の違いが分かる内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

看護師の仕事に特化!

おすすめ派遣会社【2選】

以下、看護師専門のおすすめ派遣会社です。

時給2,000円以上の高時給の求人も多数保有しています。

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
時給2,500円以上の求人を多数保有詳細を見る

詳細ページ
1日単位・短期の求人を多数保有詳細を見る

優良の非公開求人を保有!

『看護職に特化』おすすめ転職エージェント2選【無料】

こちらの転職エージェントは「自分で求人探すのは大変…」といった方におすすめです。

業界に精通した専任アドバイザーによる転職サポートが無料で受けられます。

転職・就活サポート内容【無料】
  • 条件に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書/ESの添削
  • 内定率アップの面接対策
  • 面接日程の調整
サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
10万件以上の求人を保有詳細を見る

詳細ページ
利用者数累計15万名以上詳細を見る

看護師【正社員】の給料・ボーナス相場

厚生労働省の「令和5年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均月収は「35万2100円」、平均年収は「508万円」となっています。

これはいわゆる手取り額ではなく、社会保険料や所得税などを控除する前の総支給額です。

月収の手取りは「25〜30万円」、年収は「400万円前後」となります。

また、同調査では看護師の年齢ごとの給与も発表されています。

【年齢ごとの看護師の給与】

月収(※)賞与年収
20〜29歳31万4850円59万9900円437万8100円
30〜39歳33万7150円81万6500円486万2300円
40〜49歳36万6200円97万3050円536万7450円
50〜59歳39万1550円106万4100円576万2700円
60歳〜33万2750円64万7100円464万100円

参考厚生労働省「令和5年賃金構造基本統計調査」

令和3年時点のデータになりますが、看護師の経験年数ごとの給与を時給換算した平均賃金は下記のとおりです。

【平均賃金(時給換算)】

経験年数平均賃金(時給換算)
1年1655円
2年1789円
3年1838円
5年1967円
10年2153円
20年2726円

参考令和3年賃金構造基本統計調査による職種別平均賃金(時給換算)

経験年数により高時給になり、10年以上の経験がある場合は平均時給2000円を超えています。

(※)社会保険料、税金など控除される前の総支給額を記載

看護師【派遣社員】の給料・ボーナス相場

全国の看護師求人を掲載している「年収ボックス」によると、派遣看護師の平均時給は「1967円」となっています。

アルバイト・パートの場合は「1475円」が平均時給です。

1日8時間、1ヶ月20日働くと想定すると給与は下記となります。

月収年収
派遣看護師31万4720円377万6640円
アルバイト・パート23万6000円283万2000円

参考看護師の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)年収ボックス

社会保険料や税金を控除されることを考えると、月収の手取りは「25万円前後」、年収は「300万円前後」となります。

なお、賞与は派遣会社の規定によりますが、数万円ほどの少額であるのが一般的です。

看護師は派遣と正社員どっちが稼げる?

派遣看護師と正社員の給与は、月収面で大きく差はありません。時給によっては派遣看護師が正社員を上回ることも考えられるでしょう。

しかし、賞与の支給を含める年収ベースでは正社員が大きく上回ります。

【派遣看護師と正社員看護師の比較(※)】

月収賞与年収
正社員看護師35万2100円85万6500円508万円1700円
派遣看護師31万4720円数万円377万6640円前後
パート看護師23万6000円数万円283万2000円前後

参考厚生労働省「令和5年賃金構造基本統計調査」看護師の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)年収ボックス

平均給与でみると年収は100万円以上の開きがあります。

派遣看護師で働く場合はこうした給与の差も考えておきましょう。

(※)派遣看護師は1日8時間、1ヶ月で20日働くと想定

看護師派遣【年収に関するSNSの声】

正社員よりも年収が高いといった意見

正社員よりも年収が低いといった意見

派遣看護師の働き方の事例紹介

では、看護師の派遣は具体的にどのような働き方があるのでしょうか。

派遣看護師の働き方
  • 病院・クリニックで働く派遣看護師の事例
  • 介護施設で働く派遣看護師の事例
  • 学校や一般企業で働く派遣看護師の事例

それぞれ仕事の概要を解説します。

病院・クリニックで働く派遣看護師の事例

看護師の派遣先として代表的なのが病院・クリニックです。

業務内容は病院により多岐に渡ります。委員会活動、看護研究などを任されることは少ないですが、病棟業務自体は正社員と違いがないのが一般的です。

病院によっては夜勤専従の仕事もあり、都市部では時給2000円以上、日給3万以上の高単価の仕事もあります。

なお、医療機関での看護師派遣は禁止されていますが、「正社員看護師の産休・育休の代わり」「3〜6ヶ月後に派遣先と直接雇用することを前提」とした場合は例外です。

正社員の代わりとしての派遣となることもあるため、状況によっては即戦力としての働きを求められることもあるかもしれません。

介護施設で働く派遣看護師の事例

介護施設では、主に利用者の健康管理、吸引、褥瘡処置などの医療ケアを行います。

病院、クリニックに比べて医療行為は少ないのが一般的です。

全国老人福祉施設協議会の調査によると、特別養護老人ホームでは看護職員業務の多くを下記が占めるとしています。

  • 服薬管理・投薬
  • その他医学的な管理
  • 記録・カルテ・機能実施記録等
  • バイタルチェック・健康確認
  • 胃ろう・経管栄養

「その他医学的な管理」は吸引、褥瘡管理などが考えられるでしょう。

施設によっては看護師が機能訓練指導員を兼務していることもあります。そのため、機能訓練を看護職員が担当する場合もあるでしょう。

同調査によると「施設が派遣職員を活用する理由」として、「職員が集まらない」「一時的な職員不足に対応するため」といった理由が上げられています。

こうした実情から看護業務のほか、介護をはじめとした幅広い業務への対応を求められることが考えられるでしょう。

なお、病院と同様に夜勤専従の求人を出している施設もあり、夜勤手当により高単価となるケースもあります。

学校や一般企業で働く派遣看護師の事例

保育園や学校、一般企業への派遣もあります。下記は具体的な例です。

  • ダウン症のイベントキャンプへ参加
  • 部活の合宿の付き添い
  • 学校検診の医師の補助
  • 企業の社員のストレスチェック
  • コールセンター対応業務

医療的な行為は少なく、学校や企業の業務をサポートするのが一般的です。

例えば合宿の付き添いでは、血糖コントロールが必要な子どものインスリン管理、食事の管理などを行います。

また、コールセンターでは、在宅クリニックの患者の健康相談や必要に応じた医師への伝達などを担当します。

看護師派遣は退職金がない?正社員と比較

では、看護師の退職金事情についてもみていきましょう。派遣看護師は退職金が出ない場合もありましたが、2020年4月の改正労働者派遣法に基づき、派遣社員も退職金が受け取れるようになりました。

なお、退職金の支払い方法は派遣元の会社により異なります。下記のとおりです。

退職金の支払い方法概要
退職金前払い制度時給に対して6%を上乗せして支払う方法。
時給にあらかじめ上乗せしているため、退職時に多くの支給は期待できない。
中小企業退職金共済制度中小の派遣会社であれば、加入できる国の共済制度。
掛け金を積み立て、退職時に共済組合から直接支払われる。
派遣会社の退職金制度派遣会社の就業規則により支給される退職金。
一般的には3年以上勤続することが必須とされている。
派遣先の退職金制度派遣先の退職金制度により支給される退職金。
派遣先企業は、金額面での負担があるためあまり活用されていない。

看護師は勤続3年で「30万円前後」、5年で「50万円前後」の退職金がもらえるのが一般的ですが、派遣看護師の場合は金額も異なります。

派遣会社で働くときは事前に退職金について確認しておきましょう。

看護師派遣の給料の手取りはいくら?

平均時給から計算すると、派遣看護師の手取りは「25万円前後」となります。

これは全国の看護師の求人を掲載している「年収ボックス」の平均時給を参考に計算した額です。

年収ボックスによると派遣看護師の平均時給は「1967円」となっています。

1日8時間、1ヶ月で20日働くと想定すると月の総支給額は「31万4720円」となります。

上記から所得税や住民税、社会保険料などを引いた金額が「25万円前後」です。

派遣の看護師が時給を上げる5つの方法

では、時給を上げるにはどのようなポイントに注意して仕事を選べばよいのでしょうか。

時給を上げる5つのポイント
  • 時給が高い派遣会社で働く
  • 夜勤がある職場で働く
  • 仕事を掛け持ちする
  • 病床数の多い病院で働く
  • 派遣先の法人もチェックしておく

それぞれ、詳しくみていきましょう。

時給が高い派遣会社で働く

派遣元の会社によって看護師の時給は異なります。さらに同じ派遣会社のなかでも案件によっては時給が変わります。

高単価の案件は競争率が高いため、専用の求人サイトがある場合は細めにチェックしておきましょう。

なお、看護師の給与は地域によっても差があります。下記は地域ごとの派遣看護師の平均時給です。

地域時給
北海道・東北1520円
甲信越・北陸1522円
東海1846円
関東1875円
関西1943円
中国1849円
四国1524円
九州・沖縄1656円

参考看護師の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)年収ボックス

関東での派遣看護師の平均時給は1,875円です。

一方で甲信越・北陸は1522円と、350円以上の差があります。

時給といっても地域差もあるため、こうした内容を参考にしながら高時給の派遣会社を探すとよいでしょう。

夜勤がある職場で働く

夜勤は看護師が給与を上げるための大切な要素です。夜勤ができる派遣先を探すのもよいでしょう。

日本看護協会の調査によると看護師の平均夜勤回数は2交代で4.9回、3交代は7.5回となっています。

同調査では一回あたりの夜勤手当の平均額も記載されています。それをふまえた月の平均夜勤手当額は下記のとおりです。

一回あたりの給与平均回数行った場合の夜勤手当
2交代1万1368円5万5703円
3交代(準夜勤)4234円3万5374円
3交代(深夜勤)5199円3万5374円

参考2023病院実態調査日本看護協会

年収ベースで考えると、夜勤手当だけで40万円〜65万円の支給となります。

給与を上げたい方は病院や介護施設など、夜勤がある派遣先での就業を検討しましょう。

仕事を掛け持ちする

収入を上げるため派遣やアルバイトなどで仕事を掛け持ちするのもよいでしょう。

例えば「夜勤のみのアルバイト」「イベントの看護師派遣」など、夜だけの勤務や単発での仕事のような働きやすい案件もあります。

なお、派遣元の会社や、派遣先の職場によっては兼業を禁止しているケースがあります。違反することで何らかの罰則やペナルティが課せられる場合があるので事前に確認しておきましょう。

病床数の多い病院で働く

看護師の給与は病床数が多いほど増加する傾向があります。

派遣看護師は、規模の大きな病院で働く機会は少ないですが、仕事を選ぶポイントとしてこうした違いも覚えておきましょう。

下記は、日本看護協会が調査した病床数ごとの平均月給です。

【病床規模別・非管理職の看護師の月給(※)】

病床数月給(平均税込給与額)
99床以下31万2151円
100〜199床32万2341円
200〜299床32万6827円
300〜399床33万9992円
400〜499床34万6317円
500床以上35万8465円

参考2023病院実態調査日本看護協会

「99床以下」と「500床以上」では3万ほどの差があるのが分かります。派遣看護師は、時給が重要ですが、このような差があるのも理解しておきましょう。

※勤続10年、31歳〜32歳が対象

通勤手当、住宅手当、家族手当、夜勤手当、当直手当、看護職員処遇改善事業に基づく手当等含む

病院の運営元もチェックしておく

看護師の平均給与は運営元によっても異なります。下記は日本看護協会が調査した運営別の月給の平均額です。

【運営元別・非管理職の看護師の月給(※)】

運営主体月給(平均税込給与額)
国立32万6675円
公立34万6508円
日本赤十字35万4412円
済生会33万9339円
厚生連32万4000円
その他公的医療機関31万8803円
社会保険関係団体35万6133円
公益法人32万6970円
私立学校法人36万9216円
医療法人31万4002円
社会福祉法人33万4453円
医療生協32万4893円
会社36万4651円
その他の法人30万8764円

参考2023病院実態調査日本看護協会

運営元によっては、4〜5万円の差があります。

派遣看護師で重要なのは時給ですが、仕事を選ぶときのポイントとしてこうした違いがあることも知っておくとよいでしょう。

※勤続10年、31歳〜32歳が対象

通勤手当、住宅手当、家族手当、夜勤手当、当直手当、看護職員処遇改善事業に基づく手当等含む

看護師の仕事に特化!

おすすめ派遣会社【2選】

冒頭の重複になりますが、こちらは看護師専門の派遣会社です。

時給2,000円以上の高時給の求人多数保有しています。

優良の非公開求人を保有!

『看護職に特化』おすすめ転職エージェント2選【無料】

冒頭の重複となりますが、下記の転職エージェントは「自分で求人探すのは大変…」といった方におすすめです。

業界に精通した専任アドバイザーによる転職サポートが無料で受けられます。

転職・就活サポート内容【無料】
  • 条件に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書/ESの添削
  • 内定率アップの面接対策
  • 面接日程の調整
  • レバウェル看護
    ⇒『10万件』の求人を保有、利用者数累計『40万名』以上、看護職に精通した専任アドバイザーが転職サポート
  • ナースパワー
    ⇒利用者数累計『15万名』以上、高待遇の非公開求人を多数保有、看護職に精通したプロの専任アドバイザーが転職サポート

まとめ

本記事は、派遣看護師の給与事情について下記を解説しました。

本記事で解説した派遣看護師の給与事情
  • 派遣看護師の給料・ボーナス相場
  • 正社員と派遣看護師の比較
  • 看護師は派遣と正社員どちらが稼げるのか
  • 看護師が派遣として給与を上げるポイント

看護師の月収は派遣と正社員で大きな差はありません。

しかし、派遣看護師は賞与が少額であるため、年収で比較すると正社員が大きく上回っているのが実情です。

安定して収入を得たい場合は、本記事で解説した方法を参考に働くか正社員として採用してくれる病院を探した方がよいでしょう。

コメントはこちらから