いい加減な派遣担当者を変更する方法はある?トラブルを未然に防ぐ対処法も解説

このページには広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品/サービスを購入・登録することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「いい加減な派遣担当者を変更する方法が知りたい!」

「派遣担当者とトラブルにならないためにはどうすればいいの?」

派遣労働に登録すると担当者が付くのが一般的ですが、ネットやSNS上では「いい加減な派遣担当者が多い」という意見が多く見られます。

実際の利用者の声を調べてみると「いい加減な派遣担当者」に当たったことがある方は多く、派遣先との関係が悪くなったや、仕事を辞めなければならないようなトラブルに発展したケースがあるようです。

そこで今回の記事では、いい加減な派遣担当者を変更する方法トラブルを未然に防ぐ対処法を解説します。

「オフィスワーク」に特化!

大手派遣会社おすすめ【4選】

下記はオフィスワークに特化した大手派遣会社です。

信頼と実績を持つ大手企業で「高時給」「求人数が豊富」「選任担当者のサポートが手厚い」といった特徴があります。

派遣会社おすすめポイント公式HP

詳細ページ
高時給の
求人が多い
詳細を見る

詳細ページ
業界トップクラスの
求人数
詳細を見る

詳細ページ
オフィス職・クリエイティブ職に強い詳細を見る

詳細ページ
派遣会社
総合満足度No1
詳細を見る

「月収30万円以上可能!」
「入社お祝い金あり」の求人多数!

『工場』『軽作業』大手派遣会社おすすめ【3選】

こちらは「寮費無料」「高時給」の求人が多い大手派遣会社です。

「入社特典○○万円」「家電付き寮無料」と待遇が良い求人が多く掲載されています。

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
日総工産【上場企業】
製造業に強い求人サイトNo1
詳細を見る

詳細ページ
アウトソーシング【上場企業】
業界No.1の内定実績
詳細を見る

詳細ページ
ランスタッド【業界大手】
製造・軽作業系に強い
詳細を見る

優良の非公開求人を保有!

おすすめの転職・就活エージェント【無料】

こちらの転職・就活エージェントは「自分で求人探すのは大変…」といった方におすすめです。

業界に精通した専任アドバイザーによる転職・就職サポートが無料で受けられます。

転職・就活サポート内容【無料】
  • 条件に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書/ESの添削
  • 内定率アップの面接対策
  • 面接日程の調整

『全職種対応』の転職エージェントおすすめ2選【無料】

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
非公開求人を多数保有詳細を見る

詳細ページ
転職後の定着率97.5%詳細を見る

『社会人・業界未経験者』向けの転職エージェントおすすめ3選【無料】

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
未経験歓迎の紹介可能企業
11,000社以上
詳細を見る

詳細ページ
業界未経験向けの求人を多数保有詳細を見る

詳細ページ
信頼できる就活支援サービスNo1詳細を見る

『就活生』限定の就活エージェント・サイト3選【無料】

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
優良IT企業の
非公開求人を多数保有

「ES添削」「面接対策」付き
IT業界に精通した
キャリアアドバイザーがサポート
詳細を見る

詳細ページ
登録者
200,000人以上

スカウト型就活サイト
詳細を見る

詳細ページ
登録者
累計66万人以上

スカウト型就活サイト
詳細を見る

いい加減な派遣担当者を変更する方法【客観的に見て変更する十分な理由が必要】

ここではいい加減な派遣担当者を変更する方法を紹介しますが、派遣担当者の変更の希望は基本的に受け付けてもらえない場合が多いです。

派遣会社のなかには担当変更を一切受け付けない会社もあります。

正当な理由があれば変更を受け付けてくれる場合もありますが「合わない」や「気持ち悪い」などの個人的な感想だけでは受け付けてもらえない可能性が高いでしょう。

派遣担当者はあなた1人だけを担当しているだけでなく、他のスタッフの対応や派遣先とのやりとりを数十組と行っているため、一人の個人的な感想で担当を変えてしまうと各方面に影響が出るからです。

あなたが嫌だと思った担当者が他の派遣スタッフにとっては良い場合もあります。

変更を希望する場合は、客観的に見て変更する十分な理由が必要となります。

派遣担当者の変更を伝える報告先はこれ!

派遣会社は派遣営業担当者をなかなか変更を受け付けてくれませんが、客観的に見て「いい加減な派遣担当者」はあなたのためにも早く変更依頼を伝えるべきです。

それでは派遣担当者の変更は誰に伝えれば良いのでしょうか。以下の4パターン別にそれぞれ解説します。

派遣担当者の変更を伝える報告先
  • 派遣担当者に報告
  • 派遣会社の相談窓口に報告
  • 派遣担当者の上司に報告
  • 派遣先に報告

派遣担当者に報告

派遣担当者がいい加減で変更を希望する場合は、一度は直接派遣担当者にそのように感じていることを伝えましょう。

いきなり上司や相談窓口に相談すると派遣担当者が変わらなかった場合の印象は最悪で、同じ派遣会社で仕事を続けることが精神的につらくなります。

派遣営業の担当者本人に不満点や改善を直接伝えるのは勇気が必要ですが、様々なメリットがあります。

派遣担当者に直接伝えるメリット
  • 誤解や伝達の行き違いを防げる
    担当者に直接気持ちを伝えることで、お互いの考えていることを正しく伝え合える機会となります。
  • 改善の機会を与えられる
    不満点を具体的に指摘し、改善を求めることで、担当者に反省と改善するチャンスを与えられます。改善が行われれば問題が大きくならず済みます。
  • 信頼関係の構築につながる
    直接気持ちを伝えることで良い関係性を築くきっかけにもなります。

派遣担当者が自覚していなかった場合などは、直接伝えることで改善され、大きな問題にならずに済みます。

一方で、直接伝える場合は以下の点に注意が必要です。

派遣担当者に直接伝える場合の注意点
  • 冷静な態度で伝える必要がある
    感情的な伝え方をすれば、かえって関係が悪化する可能性があります。
  • 具体的な状況を示して伝える
    曖昧な批判ではなく、出来事と要望を明確に示す必要があります。
  • 改善が見られない場合の次のステップを考えておく
    一定期間改善が見られないならば、他の相談方法を考えておく必要があります。

まずは派遣担当者と直接対話での解決を図りつつ、状況次第で派遣会社の窓口や上司への相談を検討する必要があります。

また、直接相談してもひどい派遣担当者の場合「相手にされない」可能性が高いです。

普段の行動から直接伝えても改善される見込みがないと思う場合は時間の無駄になるので、始めから他の方法を検討しましょう。

派遣会社の相談窓口に報告

大きな派遣会社の場合は専用の相談窓口が設置されており、正当な理由であるなら適切な対応を受けられるのでおすすめです。

相談窓口に連絡をすると解決のアドバイスがもらえるなど様々なメリットがあります。

まず、派遣会社として派遣スタッフのケアを行う必要があるため、派遣担当者の対応が不適切であれば、公平な立場から状況を把握し、人事面での措置や交代などの対応をしてくれる可能性が高いです。

また、派遣会社内の派遣担当者の上司や人事部門との橋渡しをしてくれるため、スムーズに解決に向けた動きができ、トラブルに発展しづらいです。

匿名での相談が可能な場合もあり、派遣先企業との関係を損なうリスクが低いのも大きなメリットとなります。

相談の際は、具体的な出来事営業担当者の対応の証拠(メールなど)を用意し、冷静に状況を説明することが重要です。

派遣担当者の上司に報告

派遣担当者の上司に相談するのも良いでしょう。

担当者の上司が派遣担当者の評価を決めている場合が多いので、上司からの評判を気にして態度を改める可能性が高いです。

連絡する場合は電話でもかまいませんが、できるだけ「メール」などでやりとりを行い証拠として文章を残しておきましょう。

データが残る形で伝えない場合「そんな話聞いていない」など証拠隠滅やトラブルが発生する可能性があるからです。

また、派遣担当者の変更を伝える場合も感情的にならず状況を冷静に説明し、単なる批判にならないよう担当変更の正当な理由を示しましょう。

しかし、この方法は効果的ではありますが「派遣担当者の上司」の連絡先を知っている必要があるため全ての人が使える方法はありません。

トラブルが発生する前に、派遣担当者から契約更新などのタイミングで上司の名前を聞いておきましょう。

派遣先に報告

派遣先に担当者の変更を直接伝えるのはあまりおすすめできません。

メリットはもちろんありますがデメリットの方が大きいでしょう。

メリットは、派遣先企業からの評価を派遣会社は気にしているため、適当な対応で済ますさずしっかりした対応を受けられる可能性が高いことです。

一方、デメリットは派遣先企業と派遣会社の関係の悪化や、トラブルが大きくなり最悪仕事がなくなる可能性があることです。

また、派遣先へ相談する場合は証拠を十分に集め、より冷静に伝え、単なる批判や非難にならないよう注意する必要性が高くなります。

仕事がなくなっても良い覚悟があるなら直接派遣先に相談するのも良いでしょうが、基本的には派遣先企業への相談は最終的な手段とし、まずは派遣会社への相談がおすすめです。

いい加減な派遣担当者エピソード【ネットの声】

ここではネット上にある「いい加減な派遣担当者エピソード」をいくつか紹介します。

いい加減な派遣担当者エピソード【ネットの声】
  • 連絡がこない
  • いい加減な人が多い
  • 名前を覚えていない
  • 担当を変えてもらった経験がある
  • 担当が変わらず自分が辞めた など

主の担当は○○日までにご連絡しますと言いながらその日の内に連絡が来ないことがよくあります

たかが、派遣社員の担当と言ってもあんまりです

もう、別の人に担当変わってくださいと頼もうか検討中です

ガールズちゃんねる

派遣の担当者って本当当たり外れが大きいよね。

期待をしない事が一番なストレス回避になるかな。

あまりにも対応が悪かったら変えてもらうことも含みつつ、担当者の上司に報告した方が良い。

ガールズちゃんねる

派遣営業っていい加減、適当な人がなる事が多いから、お気に入り以外は力入れてないんだと思う

ガールズちゃんねる

何年か前に派遣で働いてた時の営業がダメ過ぎて、変えてくださいって上司の人にメールしたら直後にその担当の人地方に異動になった…びっくりしたし申し訳ないって思ったけど、後任の人に聞いたら私以外にも同じような人が複数いたんだって。

派遣の営業とのやりとりって一対一で上司とか同僚も知りようがないので、言わないと絶対変わらないよ。

ガールズちゃんねる

私も昔ムカつく営業の苦情を派遣元の相談窓口にしたことあったけど、結局自分が辞めてそいつ派そのままで10年くらい経ってる

今もその企業の担当なのでそこへはエントリーできない

派遣社員の敵でも、派遣先企業には都合がいいんだなと思う

ガールズちゃんねる

大事な面談の日に

派遣先で有る大企業の職場の偉い人達がズラッといる中

めっちゃ良い笑顔でキッパリと私の名前間違えやがった

え?書類と名前違う?!‥とみんなザワザワする中

小声で『‥すいません名前違います』って言うの何だか惨めだった

まぁ無事に採用されたので良しにしたいが

担当が丸で違う人の名前を言うなんてビックリしたわ

ガールズちゃんねる

ネット上には「いい加減な派遣担当者エピソード」が溢れており、派遣担当者に対する良い声はあまりなかったです。

いい加減な派遣担当者を見分ける4つのポイント

いい加減な派遣担当者かどうかは初めての担当者や、自分の経験が浅い場合は判断が難しいでしょう。

そこで、いい加減な派遣担当者を見分けるポイントを4つ紹介します。

いい加減な派遣担当者を見分ける4つのポイント
  • 業務内容を説明できない
  • 応募者のスキルやキャリアを軽視する
  • 労働条件や権利について知識が乏しい
  • 連絡対応が遅い

派遣担当者も人である以上相性はありますが、上記に当てはまる場合はいい加減な場合が多いです。

それぞれ見分けるポイントを確認していきましょう。

業務内容を説明できない

業務内容を説明できない担当者はいい加減な場合が多いです。

求人案件の内容を正確に伝えることは入社後のミスマッチを防ぐためにも欠かせません。

給与や労働時間、待遇などの条件が不明確であれば、求職者が納得の上で就職先を選べず入社後にトラブルになる危険性が高くなります。

特に時間外手当の有無や残業代の支払いルールなど、金銭面での説明不足は大きな問題となる可能性が高いです。

さらに、勤務地や通勤手段、服装規定なども事前に確認しておく必要があります。

これらの情報が足りないと、求職者が就職後に予期せぬ負担を強いられる可能性があります。

求人案件の内容を正確に伝えることは入社後のミスマッチを防ぐためにも欠かせません。

派遣担当者はしっかりと業務内容を説明する義務があるため、求人内容の説明が不十分な担当者はいい加減と言えるでしょう。

応募者のスキルやキャリアを軽視する

応募者の経歴やスキルを無視して求人に無理矢理当てはめようとする派遣担当者は、求職者のキャリア形成を阻害してしまう恐れがあり危険です。

例えば事務経験しかない人材を製造現場に回そうとしたり、高度な専門スキルを求められる案件に未経験者を送り込もうとしたりするケースです。

また、応募者の希望や適性を無視して、単に空きがあれば求人に割り当てようとする派遣担当者にも注意しましょう。

求人案件のミスマッチが生じれば、早期の離職や入れ替わりが起こり、求職者・企業の双方に損失が出かねません。

さらに、応募者のキャリアプランを軽視して、将来性のない単発の短期案件ばかりをすすめるのも良くありません。

中長期的な視点に立ったキャリアアドバイスが派遣担当者には求められるのです。

応募者一人ひとりの個性や適性、キャリアを無視する派遣担当者はいい加減な場合が多いので注意しましょう。

労働条件や権利について知識が乏しい

派遣スタッフの労働条件(給与、労働時間、休暇など)について十分な説明ができないと、求職者が納得した上で就職先を選べません。

労働基準法で定められた基本的な権利さえ説明できない派遣担当者はやる気がなく、いい加減な仕事をしていると言えるでしょう。

また、派遣労働者には様々な手当(交通費、残業代、休日出勤手当など)を受ける権利がありますが、担当者がこれらについて知識がなければ、求職者が不利益を被る可能性があります。

さらに、育児や介護、障がい者など、個別の事情に応じた労働上の配慮義務があり、担当者はそうした知識も持っている必要があります。

労働条件や権利に関する十分な知識を持つことは派遣担当者の大切な仕事です。

連絡対応が遅い

求職中の方や派遣スタッフからの問い合わせに対しての連絡対応が遅い派遣担当者はいい加減だと言えます。

連絡の遅れは重大なミスやトラブルへの発展につながる恐れがあるからです。

例えば、求人案件の情報が遅れて伝わり、他の応募者に取られてしまったり、就労中のスタッフの疑問が解消されないまま放置されてしまったりする場合があります。

派遣会社の担当者は、求職者や派遣スタッフとのコミュニケーションを大切にし、迅速かつ丁寧な対応を心がける必要があります。

連絡対応が遅く不親切な担当者は、いい加減な応対をしていると言えるでしょう。

派遣担当者とのトラブルを未然に防ぐための4つの対処法

ここでは派遣担当者とのトラブルを未然に防ぐための対処法をいくつか紹介します。

【パターン別】派遣担当者とのトラブルを未然に防ぐための対処法
  • 派遣担当者から連絡が少ない場合
  • 派遣担当者への不信感がある場合
  • 派遣担当者の態度が悪い場合
  • 派遣担当者にほったらかしにされている場合

トラブルはできるだけ未然に防げるように行動するのが大切です。

それぞれ確認していきましょう。

派遣担当者から連絡が少ない場合

派遣営業担当から連絡が少ない場合は、コミュニケーション不足で今後大きなトラブルに発展する可能性があります。

連絡が少ない場合は、トラブルを未然に防ぐために以下の手順で対策を取りましょう。

連絡が少ない場合のトラブルを未然に防ぐための手順

  • まずは営業担当者に連絡を取る
    派遣担当者に直接連絡不足について確認し、理由や改善点を尋ねましょう。
    このとき、メールで連絡を取り書面でも残しておくと後のトラブルを未然に防げます。
  • 派遣会社の相談窓口に状況を報告する
    派遣担当者と連絡が取れない場合は、連絡が不足している旨を相談窓口に報告し改善に向けた対応を依頼しましょう。
    この場合も書面で経緯を残しておくのがおすすめです。
  • 人事担当者や上司と状況を共有する
    派遣担当者との連絡不足により業務に支障が出ている旨を伝え、今後のトラブル防止策や対応などについて話し合いましょう。
  • 定期的に派遣担当者に連絡を取り続ける
    業務上の重要事項は必ず連絡を取り、メールなどの書面で残しておき、連絡不足の改善が見られない場合は派遣担当者の変更を申し出ましょう。

適切な手順を経て、メールなどの書面でしっかりと証拠を残しておけばトラブルに発展する可能性が低く、派遣担当者の変更などもスムーズに行える可能性が高いです。

派遣担当者への不信感がある場合

派遣担当者への不信感がある場合も不満がたまり後々トラブルにつながる恐れがあります。

しかし、不信感という主観的で曖昧な情報だけでは誰にも相手にしてもらえず、具体的な対策をとる方法もありません。まずは、具体的にどのような言動や対応に不信感を抱いているのか整理し、理由を明確にしましょう。

理由を明確にしたあとは以下の手順で対処を行うのがおすすめです。

派遣担当者への不信感がある場合の対処方法
  • 派遣担当者に率直にフィードバックする
    不信の理由を冷静かつ客観的に説明し改善を求め、一定期間様子を見ましょう。
  • 改善が見られない場合派遣会社の相談窓口に相談する
    これまでの経緯と派遣担当者への不信感を説明し、対応の改善や派遣担当者の交代を求めましょう。
    派遣担当者の上司へ相談するのも効果的です。
  • 書面でのやり取りを残し証拠を積み重ねる
    メールなどの書面でのやり取りや記録を残し、後々のトラブルに発展した場合は提出できるようにしておきましょう。

不信感がある場合、まずは率直にフィードバックし改善を求めることが大切です。

改善が見られなければ、派遣会社の相談窓口や派遣担当者の上司に直接状況を説明し、適切な対応を求めていきましょう。

このときメールなどの書面でやりとりなどを残しておくとトラブル防止やスムーズな人員交代につながります。

派遣担当者の態度が悪い場合

派遣担当者の態度が悪い場合は具体的な言動・態度の問題点を直接指摘しましょう。

このとき冷静な態度で高圧的にならないように指摘し、メールなどの書面でも指摘事項を残しておくことが大切です。

改善が見られない場合は、派遣会社の相談窓口や上司に報告し指導を行ってもらう必要があります。

態度が悪い問題は本人が自覚していないことが多く放置しても良くなることは少ないです。

モヤモヤしたまま仕事を続けるのは精神衛生上良くないので、まずは本人に注意し、改善を促しましょう。

派遣営業にほったらかしにされている場合

派遣営業にほったらかしにされている場合は重大なトラブルに発展する可能性がありますが、こちらの連絡が相手に伝わっていない可能性もあります。

すぐに派遣担当者の変更を希望するのではなく、もう一度派遣担当者と連絡を取り状況を確認することから始めましょう。

適切な手段で連絡が伝わっているのにもかかわらずほったらかしにされている場合は、業務に支障が生じ、後々トラブルに発展する可能性が高いので相談窓口や派遣担当者の上司に直接相談するのがおすすめです。

このとき、メールなどのやり取りなどを控えておくと、後のトラブル時の証拠となります。

派遣営業にほったらかしにされている場合は、業務上の重要な連絡が適切なタイミングで伝わらない可能性があり、重大な影響を及ぼすリスクがあるので、早期の対応が不可欠です。

まずは営業担当者に改善を求め、改善が見られなければ派遣会社への報告や自社関係者との相談を行いましょう。

上記いずれのパターンでも証拠を残しておくことが大切

ここまでで紹介したいずれのパターンにおいても書面による証拠を残しておくことが大切です。

書面による証拠を残しておく理由
  • 事実関係を明確に残すため
    口頭でのやり取りだけでは、後に食い違いが生じる可能性があります。
    書面であれば、いつ、誰が、何を言ったかを残せます。
  • トラブル発生時の裏付け資料になるため
    万が一、トラブルに発展した場合は重要な証拠になります。
  • 改善に向けた経緯を示せるため
    派遣担当者や派遣会社に対して注意喚起や改善要求をした経緯が分かるため不利な条件での退職になりづらいです。

特にメールのやり取りや発言記録、改善要求の書面などは確実に残しておく必要があります。

証拠がない場合、文句程度と見なされる可能性があります。

トラブルを未然に防ぐ手段として、口頭でのコミュニケーションはもちろん大切ですが、書面によるやりとりの保存も必須です。

事態を冷静に記録し、後々トラブルにならないよう備えましょう。

「オフィスワーク」に特化!

大手派遣会社おすすめ【4選】

冒頭の紹介と重複しますが、こちらはオフィスワークに特化した大手派遣会社です。

信頼と実績がある大手派遣会社で「高時給」「求人数が豊富」「選任担当者のサポートが手厚い」といった特徴があります。

  • パソナ
    ⇒業界大手の派遣会社、「高時給」「未経験OK」「オフィス職」の求人が多い
  • ランスタッド
    ⇒業界大手の派遣会社、「オフィス職」「未経験OK」の求人が多
  • マイナビスタッフ
    ⇒大手マイナビ運営、「オフィス職」「クリエイティブ職」「未経験OK」の求人が多
  • テンプスタッフ
    ⇒業界トップクラスの求人数を保有、「オフィス職」「未経験OK」の求人が多

「月収30万円以上可能!」
「入社お祝い金あり」の求人多数!

『工場』『軽作業』大手派遣会社おすすめ【3選】

冒頭の重複になりますが、下記は「即働ける」「寮費無料」「高収入」の工場派遣専門の派遣会社です。

「入社特典○○万円」「家電付き寮無料」と待遇が良い求人も多数掲載しているので、ご参考にしてみてください。

  • 工場求人ナビ
    ⇒『日総工産』運営、製造業に強い求人サイト1位。『入社特典50万円』『寮無料』の求人多数
  • はたらくヨロコビ
    ⇒業界No1株式会社アウトソーシング運営『入社特典40万円』。業界No.1の内定実績を持つ期間工専門求人サイト
  • ランスタッド
    ⇒国内トップクラスの製造・軽作業系の派遣会社。未経験向け『高時給』の求人多数

優良の非公開求人を保有!

おすすめの転職・就活エージェント【無料】

冒頭の重複となりますが、下記の転職・就活エージェントは「自分で求人探すのは大変…」といった方におすすめです。

業界に精通した専任アドバイザーによる転職・就職サポートが無料で受けられます。

転職・就活サポート内容【無料】
  • 条件に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書/ESの添削
  • 内定率アップの面接対策
  • 面接日程の調整

『全職種対応』の転職エージェントおすすめ2選【無料】

  • マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェントNo1、非公開求人を多数保有、プロの専任アドバイザーが転職サポート
  • doda(デューダ)
    ⇒転職満足度No1、『10万件』以上の求人を保有、プロの専任アドバイザーが転職サポート

『社会人・業界未経験者』向けの転職エージェントおすすめ3選【無料】

  • 就職Shop
    ⇒リクルート運営、未経験者向けの求人数『トップクラス』、プロの専任アドバイザーが転職サポート
  • DYM就職
    ⇒サービス満足度『高評価』、未経験者向けの求人を多数保有、プロの専任アドバイザーが転職サポート
  • UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、プロの専任アドバイザーが転職サポート

『就活生』限定の就活エージェント・サイト3選【無料】

  • レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニア特化の就活エージェント、利用者内定率『85%』、ITに精通したプロの専任アドバイザーが就職サポート
  • オファーボックス
    ⇒登録就活生『200,000名』以上、適性診断付き、企業からオファーが届く就活サイト
  • キミスカ
    ⇒登録就活生『140,000名』以上、適性診断付き、企業からオファーが届く就活サイト

まとめ

今回の記事ではいい加減な派遣担当者を変更する方法やトラブルを未然に防ぐ対処法について解説しました。

ネット上の口コミや評判を見ていると「いい加減な派遣担当」に苦労されている方が多い印象を受けますが、簡単に派遣担当者は変更できません。

客観的に見て正当な理由があれば変更を受け付けてくれますが「合わない」や「気持ち悪い」などの個人的な感想だけでは受け付けてもらえない可能性が高いです。

そのためメールなどの文章でやりとりを残しておき「派遣担当者」「派遣担当者の上司」「相談窓口」などに客観的にいい加減だと言える事実と一緒に相談しましょう。

また、このような事態にならないために「派遣担当者とのトラブルを未然に防ぐための対処法」についても解説しました。

【パターン別】派遣担当者とのトラブルを未然に防ぐための対処法
  • 派遣担当者から連絡が少ない場合
  • 派遣担当者への不信感がある場合
  • 派遣担当者の態度が悪い場合
  • 派遣担当者にほったらかしにされている場合

派遣担当者とのトラブルに発展してしまうと居心地が悪くなり辞めなければならない状況になるなど良いことがありません。

未然にトラブルに発展しないように上手く立ち回りましょう。

大手派遣会社には「いい加減な派遣担当」に当たったときに利用できる相談窓口が設定されている場合が多くおすすめです。

また、1人1人に専任担当がつくので手厚サポートも受けられます。

完全無料で利用できるので、気になる方はぜひ登録して相談だけでもしてくださいね。

コメントはこちらから