派遣のバックレはよくある?日常茶飯事?リスク・その後の手続きも解説

このページには広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品/サービスを購入・登録することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「派遣のバックレってよくあるの?」

「バックレてしまったときはどうすればいいの?」

派遣社員は正社員ほどの責任感が必要ないことや、期間限定で雇われているため会社へ属しているという意識が低いためバックレる人が少なくありません。

バックレは朝起きて仕事に行かなければ簡単にできてしまいますが、信用を失ったり次の就職が難しくなったりリスクが高い行為でもあります。

派遣先の企業に大きな損害を与えれば賠償金の請求に発展する場合もありますよ。

そこで今回の記事では、派遣社員のバックレやリスク・バックレした後の手続きについて解説します。

リスクをしっかり把握していれば安易にバックレようとは思わないはずです。

また、バックレてしまった後のとるべき行動についても解説しているので、バックレてしまってどうしようと思っている方にもおすすめの記事となっているので、ぜひ最後までご覧下さい。

「オフィスワーク」に特化!

大手派遣会社おすすめ【4選】

下記はオフィスワークに特化した大手派遣会社です。

信頼と実績を持つ大手企業で「高時給」「求人数が豊富」「選任担当者のサポートが手厚い」といった特徴があります。

派遣会社おすすめポイント公式HP

詳細ページ
高時給の
求人が多い
詳細を見る

詳細ページ
業界トップクラスの
求人数
詳細を見る

詳細ページ
オフィス職・クリエイティブ職に強い詳細を見る

詳細ページ
派遣会社
総合満足度No1
詳細を見る

「月収30万円以上可能!」
「入社お祝い金あり」の求人多数!

『工場』『軽作業』大手派遣会社おすすめ【3選】

こちらは「寮費無料」「高時給」の求人が多い大手派遣会社です。

「入社特典○○万円」「家電付き寮無料」と待遇が良い求人が多く掲載されています。

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
日総工産【上場企業】
製造業に強い求人サイトNo1
詳細を見る

詳細ページ
アウトソーシング【上場企業】
業界No.1の内定実績
詳細を見る

詳細ページ
ランスタッド【業界大手】
製造・軽作業系に強い
詳細を見る

優良の非公開求人を保有!

おすすめの転職・就活エージェント【無料】

こちらの転職・就活エージェントは「自分で求人探すのは大変…」といった方におすすめです。

業界に精通した専任アドバイザーによる転職・就職サポートが無料で受けられます。

転職・就活サポート内容【無料】
  • 条件に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書/ESの添削
  • 内定率アップの面接対策
  • 面接日程の調整

『全職種対応』の転職エージェントおすすめ2選【無料】

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
非公開求人を多数保有詳細を見る

詳細ページ
転職後の定着率97.5%詳細を見る

『社会人・業界未経験者』向けの転職エージェントおすすめ3選【無料】

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
未経験歓迎の紹介可能企業
11,000社以上
詳細を見る

詳細ページ
業界未経験向けの求人を多数保有詳細を見る

詳細ページ
信頼できる就活支援サービスNo1詳細を見る

『就活生』限定の就活エージェント・サイト3選【無料】

サービス名おすすめポイント公式HP

詳細ページ
優良IT企業の
非公開求人を多数保有

「ES添削」「面接対策」付き
IT業界に精通した
キャリアアドバイザーがサポート
詳細を見る

詳細ページ
登録者
200,000人以上

スカウト型就活サイト
詳細を見る

詳細ページ
登録者
累計66万人以上

スカウト型就活サイト
詳細を見る

派遣のバックレはよくある?日常茶飯事?

派遣のバックレは日常茶飯事とまではいえませんが、ときどき発生する問題です。

多くの派遣社員は責任感を持って仕事に取り組んでおり、突然の退職や無断欠勤はめったにありえません。

しかし、派遣という働き方の特性上、正社員と比べると会社への帰属意識が弱くなりやすく、バックレを選択してしまう原因の1つとなっています。

派遣会社側も、このような問題を防ぐためにさまざまな対策を立てています。

例えば、定期的な面談や研修、キャリアサポートなどです。

派遣元からしっかりとサポートを受けていると感じさせることで、バックレという不義理な行動をなくし、定着率アップを図っています。

とはいえ、派遣社員のバックレ問題はなかなか無くならないのも事実です。

次の章からは仕事をバックレる原因について解説していきます。

仕事をバックレる3つの主な原因

ここでは、派遣社員がバックレる主な原因3つについて解説します。

仕事をバックレる原因
  • やる気がでない
  • 職場環境が合わない
  • 寝坊して行きたくなくなった

仕事をバックレるときは間違いなく原因があります。

それぞれの原因を確認していきましょう。

やる気がでない

仕事をバックレる原因の1つに「やる気が出ない」があります。

やる気がでないときは、仕事の内容自体に魅力を感じられなくなっているかもしれません。

日々の業務が単調で刺激に欠ける場合や、自分の能力や興味と合っていないと感じると、やる気の低下につながりやすいです。

長期的な目標や成長の機会が見えないと感じることも、やる気の低下の原因となります。

さらに、職場環境や人間関係の問題もやる気の低下と関係があります。

上司や同僚とのコミュニケーションが円滑でない場合ストレスが溜まり、やる気が低下するのです。

また、職場だけの問題だけでなく個人に原因があるかもしれません。

例えば、睡眠不足や体調不良、プライベートでの問題などが、仕事のやる気を削ぐことがあります。

やる気が出ず仕事をバックレたいと感じるときは、一度自分自身と向き合いましょう。

なぜやる気が出ないのか、その根本的な原因を探ることが大切です。

場合によっては、上司や人事部門に相談し、業務内容の調整や新たな職場を紹介してもらうことが有効かもしれません。

プライベートでのリフレッシュや、スキルアップの時間を設けることで、モチベーションにつながる場合もあります。

やる気の問題はすぐには解決しません。

周りのサポートを得ながら、少しずつ改善していくことが大切です。

職場環境が合わない

職場の雰囲気が自分の性格や価値観と合わない場合があります。

例えば、競争が激しすぎる環境や、逆に変化を嫌う保守的な雰囲気など、個人の働き方や考え方と合わない場合、大きなストレスを生み出します。

成果主義が強すぎる環境や、逆に努力が正当に評価されない状況など、仕事の進め方や評価システムが自分に合わないと感じることもストレスの原因です。

また、職場の人間関係が良いかも重要なポイントです。

上司との関係が良好でない場合や、同僚とのチームワークがうまくいかない状況は、日々の仕事に悪い影響を与えます。

パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどの問題が存在する職場では、メンタルに不調をきたす可能性もあります。

そして、職場環境が自分に合っていない場合、多くの人は徐々に仕事へのやる気を失い、最終的にはバックレという極端な選択をしてしまうのです。

職場環境が自分に合っていないと感じたときは、まず上司や派遣元の担当者と話し合いの場を設けましょう。

配置転換や役職の変更などで対応してもらえる可能性があります。

状況が改善されない場合は、転職や派遣先の変更を視野に入れて動きましょう。

寝坊して行きたくなくなった

意外かもしれませんが「寝坊して行きたくなくなった」という理由で仕事をバックレるケースは少なくありません。

「遅刻してしまう」という不安や罪悪感が、仕事に行くことへの億劫な気持ちをさらに高めるのです。

特に、職場の雰囲気が厳しく、遅刻に対して激しくしかる上司がいる環境ではこの傾向が強くなります。

また、「寝坊して行きたくなくなった」という気持ちの裏には、仕事へのやる気の低下や、職場環境への不満が潜んでいることもあります。

寝坊を言い訳にして、本当は行きたくない仕事を避けようとする無意識の行動かもしれません。

さらに、寝坊の背景には慢性的な睡眠不足や不規則な生活リズムが関係している可能性があります。

長時間労働や過度のストレス、プライベートでの問題などが睡眠の質を低下させ、朝に起きられなくなるのです。

寝坊をしないためにも十分な睡眠時間を確保し、規則正しい生活を心がけると同時に、仕事に対する自分の本当の気持ちを見つめ直すことも大切です。

職場環境や業務内容に不満がある場合は、上司や派遣元の担当者と話し合い、改善策を探ると良いでしょう。

改善策が見つかればバックレという最悪の選択肢を選ばなくて済みます。

寝坊で遅刻しそうになっても、バックレるのではなく素直に状況を説明し謝罪するのが社会人としてのマナーです。

派遣でバックレした人の声

ここでは実際に派遣でバックレした人の声をネット上から集めてきました。

派遣でバックレした人の声
  • いじめがひどくてバックレた
  • パワハラでメンタルがやられたから
  • メンタルがやばくて会社まで辿り着けずバックレという形になってしまった
  • 朝起きられなくてそのままバックレた
  • 仕事に対するやる気が出なくなったから

ネット上では「メンタル」を職場でやられてしまい、バックレてしまったという声が多かったです。

仕事よりも心や体の方が大切です。バックレは良くありませんがどうしようもないときは会社に連絡を入れて遠慮なく休みましょう。

2年程勤めた会社で同僚(女)からのいじめが日に日に酷くなり、精神的におかしくなって上司に相談→そのまま辞めた事ならあります。

ガールズちゃんねる

私も派遣の時、2週間しか働いてなかったけど

パワハラ半端なくて、メンタルやられそうだったから派遣の担当に電話して次の日から行かなくなったときある。。

ガールズちゃんねる

当時メンタル限界で家を出たけど会社まで行けず、なし崩し的にブッチしてしまいました。

本当にごめんなさい。

ガールズちゃんねる

22.3歳の時、私も精神的にきつくなって涙が止まらなくなってバックれてしまいました。

しかも親に謝りに行ってもらうっていう最低なことしてしまいました。

あれからもう10年くらい経つけど、職場にも親にも申し訳ないことをしたけど、あの職場には一生戻りたくないと思う。

ガールズちゃんねる

一方で、バックレられた派遣先の企業の方のこんな声もありました。

無言バックレは事故と判別つかないからやめようよ。

一方的に告げてガチャ切りでもいいから連絡しようよ。

ガールズちゃんねる

連絡なしで職場に来ないと、何かあったのではないかと思うのが普通です。

心配や迷惑をかけないためにも一言だけでも連絡しておくのが良いでしょう。

派遣でバックレしたら損害賠償はある?

派遣社員が無断欠勤や突然の退職、いわゆる「バックレ」をした場合、損害賠償が発生することはめったにないです。

しかし、大きな損害を与えてしまった場合は損害賠償が発生する可能性が出てきます。

派遣社員が突然仕事を放棄することで、派遣先企業に損害が発生した場合、その損害を賠償する責任が生じることがあります。例えば、代替要員の手配や業務の遅延による損失などです。

また、派遣会社との契約違反になる可能性もあり、違約金を請求される場合もあります。

ただし、実際に損害賠償請求が行われるかどうかは、状況によって異なります。

多くの場合、企業側は法的手続きの煩雑さや費用対効果を考慮し、請求を見送ることも少なくありません。

派遣社員であっても、通常は契約で定められた期間の勤務や退職の手続きを守ることが求められます。

もし退職を考えている場合は、派遣元の担当者と相談し、適切な方法で退職の手続きを進めましょう。

仕事をバックレてしまうと多くの方に迷惑がかかります。

安易にバックレるという判断はしないようにしましょう。

派遣でバックレしたら警察沙汰になる?

派遣でバックレしたからといって、直ちに警察沙汰になることはありません。

基本的に、仕事を突然辞めることは民事上の問題であり、刑事事件として扱われることはまれです。

しかし、特定の状況では法的問題に発展する可能性があります。

例えば、会社の機密情報や重要な書類を持ち出した場合です。

この場合は窃盗や横領として警察沙汰になる可能性があります。

また、突然の退職によって会社に重大な損害を与えた場合も同様です。

ただしほとんどの場合、会社側が警察に被害届を出す前に本人との接触を試みたり、話し合いで解決しようとしたりします。

このとき派遣会社に対して誠実な対応をしていれば、まず警察沙汰になることはありません。

バックレという行為自体は法律で罰せられませんが、社会的信用を大きく損なう行為であり、将来の就職活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

仕事を辞めたい場合は、バックレずに正式な手続きを行い退職しましょう。

派遣でバックレすると派遣会社の社員が自宅に来る?

派遣社員がバックレをした場合、派遣会社の営業担当社員が自宅に訪問する可能性はあります。これは、派遣会社が派遣社員の状況を把握するためです。

派遣社員と連絡が取れなくなった場合、派遣会社はまず電話やメールで連絡を試みます。

しかし、これらの方法で連絡が取れない場合、最後の手段として自宅訪問を行うことがあります。

これは、派遣社員の安否確認や、突然の欠勤の理由を直接聞き取るためです。

ただし、自宅訪問は個人のプライバシーに関わる問題であり、派遣会社も慎重に対応します。

多くの場合、事前に通知を行ったり、本人の同意を得たりしてから訪問を行います。

また、深夜や早朝などの非常識な時間帯の訪問は避けるのが一般的です。

自宅訪問の目的は叱ることではなく、状況を理解するためです。

例えば、健康上の問題や個人的な事情がある場合、それに応じたサポートを派遣会社は行ってくれます。

仕事をバックレてしまった場合は速やかに派遣会社に連絡し、状況を説明することで自宅訪問という事態への発展を防げます。

連絡を無視していると自宅訪問や家族へ連絡がいきます。

家族にバックレがバレたくない人は早めに連絡をとりましょう。

派遣でバックレしたら給料は未払いになる?

派遣社員がバックレた場合でも給料はもらえます。

派遣会社は法律上、労働した分の給与を支払う義務があるため、バックレする前に働いた日数や時間分の給料は、原則支払われますが、突然の退職によって発生した損害や、前払いされていた給与がある場合は減給される恐れがあります。

しかし派遣会社によってはバックレした社員への対応として、給与の支払いを保留にしたり、払わなかったりする場合もあります。

連絡が取れない状況で振込先の確認ができないことや、損害賠償の可能性があるためです。

しばらくして派遣会社から給料についての連絡がない場合はこちらから連絡をとり、働いた分の給料はしっかり払ってもらいましょう。

派遣会社が応じない場合は、労働基準監督署に相談するのがおすすめです。

労働条件相談「ほっとライン」

給料未払い以外の労働に関することもフリーダイヤルで相談できるのでぜひ利用してみてください。

派遣のバックレは癖になる?

一度バックレて逃げてしまう癖がつくと、別の職場でも同じ行動を取りやすくなり、長期的なキャリア形成にとって良くありません。

まずは逃げずに問題に向き合う方法を見つけることが大切でしょう。

例えば、ストレスを溜め込まない方法を学んだり、職場でのコミュニケーションスキルを向上させたりすると良いです。

しかし、自力で解決策を見出せない場合は、派遣会社の担当者や信頼できる同僚、上司に相談するなど、周囲に助けを求めることも大切です。

職場の問題は一人で抱え込まず、周囲のサポートを受けることで解決できる可能性が高まります。

万が一、派遣会社に相談しても適切な対応が得られず、退職を希望しているのに認めてもらえないような状況になった場合でも、バックレは避けましょう。

そのような場合は、退職届や内容証明を配達証明付きで郵送するなどの手続きで対応するべきです。

また、労働基準監督署や地域の労働相談センター、法テラスなどの公的機関に相談することも有効な選択肢となります。こ

れらの機関では、労働問題に関する専門的なアドバイスを受けられます。

どんな状況でも適切な手順を踏み、自身の権利を守りながら行動することが大切です。

バックレは一時的な逃避策に過ぎず、長期的には自身のキャリアにダメージを与える可能性が高いことを知っておきましょう。

派遣のバックレ後にやるべきことはある?

ここでは派遣会社をバックレてしまった場合のやるべきことをパターン別に解説します。

派遣のバックレ後にやるべきこと
  • 同じ派遣会社で働き続けたい場合
  • 退職したい場合
  • なぜバックレてしまったのかしっかり分析する

派遣のバックレは良くない行動ですが、衝動的にしてしまった場合はその後の対応で状況が大きく変わります。

適切な対応をとるためにもそれぞれ確認していきましょう。

同じ派遣会社で働き続けたい場合

派遣でバックレてしまった後に同じ派遣会社で働き続けたい場合、復帰は少し難しいですが不可能ではありません。

まずは速やかに派遣会社に連絡を取りましょう。

連絡を取る際は、誠実に謝罪し、バックレた理由を正直に説明することが大切です。

個人的な問題や健康上の理由など、やむを得ない事情があった場合は、それを伝えます。

同時に、今後このような事態を繰り返さないための具体的な対策を話すと効果的です。

次に、派遣会社の信頼を回復するための行動を起こしましょう。

例えば、派遣先企業への謝罪の申し出や、途中で投げ出してしまった業務を終わらせる提案などが考えられます。

また、スキルアップのための研修への参加を自ら申し出ることで、積極的な姿勢をアピールできるかもしれません。

ただし、バックレによって生じた損害や業務の穴埋めについて、派遣会社から何らかの対応を求められる可能性もあります。

最終的に、同じ派遣会社で働き続けられるかどうかは、派遣会社の判断次第です。

信頼回復には時間がかかるかもしれませんが、誠実な態度と行動を示せれば、再び働くチャンスを与えられる可能性があります。

バックレてしまった場合、同じ派遣会社で働き続けるのは少し難しいです。

今の派遣会社に満足しているなら他の方法で派遣先を変えてもらいましょう。

退職したい場合

バックレた後に正式に退職したい場合は適切な手続きを踏むことが大切です。

まず、できるだけ早く派遣会社に連絡を取ることから始めましょう。

連絡を取る際は、仕事のバックレについて謝罪し、退職の意思を明確に伝えます。

バックレてしまった理由があれば、それも簡潔に説明するとよいでしょう。

ただし、言い訳がましくならないよう注意が必要です。

次に、派遣会社の指示に従って正式な退職手続きを進めます。

通常、退職届の提出や、会社の備品の返却などが求められます。

また、未払いの給与や有給休暇の清算についても確認しましょう。

派遣先企業に対しても、直接あるいは派遣会社を通じて謝罪を伝えることが望ましいです。

突然の退職によって迷惑をかけたことへの謝罪は、社会人としての責任ある行動です。

最後に、今後の就職活動のことを考えると、できる限り円満な形で退職することが大切です。

派遣会社との関係を完全に壊さないよう、誠実な対応を心がけましょう。

このような対応をすることで、バックレという不適切な形で仕事を辞めてしまったという状況を、できる限り回復できる可能性があります。

悪い噂が立つと次の就職に影響を与える可能性があります。

誠実な対応を心がけましょう。

なぜバックレてしまったのかしっかり分析する

派遣の仕事をバックレた後は「なぜバックレてしまったのかしっかり分析する」ことも大切です。

根本的な原因を理解していなければ、今後また同じ状況になったときバックレてしまう可能性があります。

バックレは癖になりやすいのです。

また、原因を深掘りする中で、自分の価値観や仕事に対する姿勢、ストレス耐性などについて、より深く理解できます。

この経験を通じて、自分に合った仕事や環境について新たな視点を得られる可能性もあり、キャリアプランを考え直すきっかけにもつながるのです。

しかし、自己分析は一人で行うのには限界があるため、派遣元の担当者やキャリアカウンセラーなどの専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。

バックレの経験を前向きに捉え、より良い働き方につなげていくことも大切です。

「オフィスワーク」に特化!

大手派遣会社おすすめ【4選】

冒頭の紹介と重複しますが、こちらはオフィスワークに特化した大手派遣会社です。

信頼と実績がある大手派遣会社で「高時給」「求人数が豊富」「選任担当者のサポートが手厚い」といった特徴があります。

  • パソナ
    ⇒業界大手の派遣会社、「高時給」「未経験OK」「オフィス職」の求人が多い
  • ランスタッド
    ⇒業界大手の派遣会社、「オフィス職」「未経験OK」の求人が多
  • マイナビスタッフ
    ⇒大手マイナビ運営、「オフィス職」「クリエイティブ職」「未経験OK」の求人が多
  • テンプスタッフ
    ⇒業界トップクラスの求人数を保有、「オフィス職」「未経験OK」の求人が多

「月収30万円以上可能!」
「入社お祝い金あり」の求人多数!

『工場』『軽作業』大手派遣会社おすすめ【3選】

冒頭の重複になりますが、下記は「即働ける」「寮費無料」「高収入」の工場派遣専門の派遣会社です。

「入社特典○○万円」「家電付き寮無料」と待遇が良い求人も多数掲載しているので、ご参考にしてみてください。

  • 工場求人ナビ
    ⇒『日総工産』運営、製造業に強い求人サイト1位。『入社特典50万円』『寮無料』の求人多数
  • はたらくヨロコビ
    ⇒業界No1株式会社アウトソーシング運営『入社特典40万円』。業界No.1の内定実績を持つ期間工専門求人サイト
  • ランスタッド
    ⇒国内トップクラスの製造・軽作業系の派遣会社。未経験向け『高時給』の求人多数

優良の非公開求人を保有!

おすすめの転職・就活エージェント【無料】

冒頭の重複となりますが、下記の転職・就活エージェントは「自分で求人探すのは大変…」といった方におすすめです。

業界に精通した専任アドバイザーによる転職・就職サポートが無料で受けられます。

転職・就活サポート内容【無料】
  • 条件に沿った求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書/ESの添削
  • 内定率アップの面接対策
  • 面接日程の調整

『全職種対応』の転職エージェントおすすめ2選【無料】

  • マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェントNo1、非公開求人を多数保有、プロの専任アドバイザーが転職サポート
  • doda(デューダ)
    ⇒転職満足度No1、『10万件』以上の求人を保有、プロの専任アドバイザーが転職サポート

『社会人・業界未経験者』向けの転職エージェントおすすめ3選【無料】

  • 就職Shop
    ⇒リクルート運営、未経験者向けの求人数『トップクラス』、プロの専任アドバイザーが転職サポート
  • DYM就職
    ⇒サービス満足度『高評価』、未経験者向けの求人を多数保有、プロの専任アドバイザーが転職サポート
  • UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、プロの専任アドバイザーが転職サポート

『就活生』限定の就活エージェント・サイト3選【無料】

  • レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニア特化の就活エージェント、利用者内定率『85%』、ITに精通したプロの専任アドバイザーが就職サポート
  • オファーボックス
    ⇒登録就活生『200,000名』以上、適性診断付き、企業からオファーが届く就活サイト
  • キミスカ
    ⇒登録就活生『140,000名』以上、適性診断付き、企業からオファーが届く就活サイト

まとめ

今回の記事では派遣社員のバックレについて解説しました。

派遣社員が仕事をバックレる主な3つの原因
  • やる気がでない
  • 職場環境が合わない
  • 寝坊して行きたくなくなった

派遣社員は正社員よりも責任感が必要とされておらずバックレやすい環境にあるため「やる気が出ない」や「寝坊して行きたくなくなった」などの理由でバックレる方も少なくありません。

しかし、仕事をバックレてしまい派遣先の企業に大きな損害を与えた場合は、最悪、賠償責任を問われる可能性があるため、安易なバックレはおすすめできません。

とはいえ、職場のパワハラや長時間のサービス残業などでメンタルに支障が出ている場合は「仕事に行かない」という選択肢を選ぶのも間違いではありませんが、その場合でも派遣先の企業が派遣元の担当者に連絡を入れるのが社会人としての常識です。

バックレという最悪の決断をする前にまずは、同僚や派遣会社の営業担当者に相談しましょう。

他の派遣先の提案などよりよい選択肢を提示してくれる可能性があります。

大手派遣会社ならバックレたくなくなるような魅力的な求人が多数取り扱われております。

また、登録すると1人1人に専任担当がつく場合がほとんどで、事前面談などの手厚サポートが受けられるのも特徴です。バックレたくなっても親身に相談にのってくれます。

完全無料で利用できるので、気になる方は大手派遣会社に登録して相談だけでもしてくださいね。

コメントはこちらから